ディンプルキーとは?お手入れ方法を教えて!

あなたはディンプルキーについて知っていますか?

ディンプルキーは、ピッキングに対する対策として、キーホールの内部構造が複雑なものです。

そのため、通常の鍵よりも高い防犯性能を発揮します。

ここでは、このようなディンプルキーのピッキングやケアの仕方に強い構造を詳しく紹介します。

鍵交換を検討している人はそれを参照する必要があります。

典型的なキータイプ

さまざまな種類のキーがあります。

一般に、多くのキーはピンタンブラー型キーに使用され、他のキーはディンプルキーおよびピンタンブラーキーを含む。

機能は次のとおりです。

・ディスクシリンダーキー

ディスクシリンダキーは、回転可能なシリンダと固定された外筒とを有するキーであり、2つのシリンダを回転させることによってロックすることができる。

キーの形状は、ギザギザが特徴です。

・ピンタンブラーキー

ピンタンブルキーは、上記のディスクシリンダーキーと同じメカニズムですが、キーの形状は少し異なります。

ディスクのシリンダーキーはキーの両側にギザギザがありますが、一方の側はギザギザです。

・ディンプルキー

ディンプルキーは凹みのあるキーです。

一般に、多くのピンタイマーキーとディスクシリンダーキーはギザギザになっていますが、ディンプルキーは円形であり、表面にディンプルがあります。

ディンプルキーの使用率は使用されるキーの約30%です。

しかし、DiskSynderキーとPin Tumblerキーの使用率は今後低下し、ディンプルキーは70%以上に増加すると言われています。

それはピッキングに対して強いからです。

ディンプルキーがピッキングに強いのはなぜですか?

詳細は次の章で紹介します。

ピッキングにディンプルキーが強いのはなぜですか?

ディンプルキーはピッキングの鍵です。

理由は、ディンプルキーの形をしています。

ディンプルキーロックの内側は、一般的に一般的に使用されているキーより複雑です。

一般的に使用されるキーは、上下のピンを組み合わせてロックされます。

ディンプル・キーは上下にピン止めされているだけでなく、対角線と横にピンがあるため選択が難しい。

また、ディンプルキーの内のピン数が多いほど、ピックするのが難しくなります。

ディンプルキーの利点は、ピッキングに対して強いことです。

しかし、欠点がありますので、次の章で紹介します。

ディンプルキーの欠点は何ですか?

ディンプルキーはピッキングが強く、防犯性能の高いキーですが、欠点もあります。

ここでは、その短所について紹介します。

ディンプルキーの第1の欠点は、他のキーよりも設置コストが高いことです。

また、ディンプルキーのシリンダ内の構造は複雑な構造であり、キーキーを作る際にも高価になる。ディンプルキーのキーを作るときの価格は約5000円です。

一般的なキーの場合、約1000円かかりますので、約5倍です。

(また、キーを作成する際に証明書が必要な場合があるため、事前に準備することをお勧めします)。

また、タイプによっては構造が複雑すぎるため、ロッカーにキーマッチングキーを作成することができないという欠点もあります。

その場合、メーカーからご注文させていただきます。

鉛筆でディンプルキーのケア

他のキーと比較して、ディンプルキーはピッキングに強いですが、メンテナンスは同じです。

ディンプルキーを長時間使用している場合は、差し込みのずれが悪くなったり、キーホールから抜けることができないため、定期的にクリーニングしてみましょう。

清掃の手順と準備は以下の通りです。

準備するもの

・使用しているディンプルキー

・鉛筆

ディンプルキーの世話方法

・ディンプルキーのディンプルや溝に鉛筆が付いた跡です。

上記の方法により、キーホール詰まりの滑りが改善される。

それは簡単に掃除できるのでお勧めです。

鉛筆法の他に、キー専用の浸透潤滑剤を用いる方法もある。

この方法は最後までスリップを改善するものであるため、キーホールが埃などで詰まると問題を解決することができない可能性があります。

その場合、自分で解決することは困難なことが多いので、あまり努力することなく業者に相談してみましょう。

まとめ

これまでディンプルキーをピックすることについて紹介しました。

通常のキーと異なり、ディンプルキーは丸みを帯びており、表面にはくぼみがあります。

ディンプルキーのキーホールの内部構造は複雑であり、選択が困難である。

また、内部ピンが多いほど、ピックするのが難しくなります。

ディンプルキーのキーを作るとき、通常のキーよりも高いことがよくあります。

構造が複雑な場合は、キーキーを作成する必要がある場合がありますので、あらかじめ業者に確認するとよいでしょう。

関連記事

ページの先頭へ